shinkagaku

現実の自然の中には数多くの生物種が存在しており、それぞれが他の数多くの生物種と相互作用を持っているはずです。
外見の大きく異なる多様な動物群で構成される軟体動物門は、最も繁栄を遂げた動物門の1つである。
ヒオリテス類は、古生代を通して広く存在した、殻を持つ化石生物である。
渦鞭毛藻類ワルノヴィア科に属する単細胞性植物プランクトンは、原生生物界で見られる驚くべき多様性の代表例である。
脱皮動物の最終共通祖先に存在した可能性のある構造については、これまで推測の域を出ていなかったが、今回のハルキゲニア化石の再分析によって、明確な証拠が得られた。