shinkaimakoto

公開から10日間で動員290万人、興収38億円を突破する人気作。そのため、早くも“聖地巡礼”を行うファンが増えてきている。
7月に公開された「風立ちぬ」を最後に、9月、長編アニメーション映画から引退宣言をした宮﨑駿監督。引退を惜しんで、世界中から6秒の「アニメーション作品」が集まった。
日本を代表するアニメ監督、宮崎駿の引退は、中国でも大きな話題となった。今や世界中で大人気の日本アニメだが、もちろん中国でもその人気は例外ではない。その中でも宮崎駿はやはり特別だ。描写の美しさはもちろんのこと、反戦的で平和を重んずるストーリーも高い評価を得ている。