shinkeikagaku

中枢神経系の最終的な解剖学的構造はパターン形成系とは無関係なことが分かった。
多くの哺乳類種は一夫一妻型のペアの絆を形成しないが、プレーリーハタネズミはそうした絆を形成する。
一般的に脳がどのようにして一過的な入力を持続的な活動に積算するかを、神経科学的に理解する助けとなるだろう。
インターロイキンが哺乳類の行動も調節している可能性が示唆された。
機械的シグナルの伝達は、マウスでは新生仔でも成体でも呼吸調節に役割を果たしていることが明らかになった。
K Tessmar-Raibleたちは、概日時計および概月時計を使って繁殖のタイミングを潮汐に合わせているウミユスリカClunio marinusのゲノムについて報告している。
アミロイドβペプチドのレベルを減少させることができた。
順遺伝学的スクリーニングを用いて、睡眠/覚醒バランスに影響を及ぼす2つの変異を突き止めた。
ニューロン可塑性の機序について、安田涼平の研究室から、2つの報告が寄せられている。
哺乳類にとって、体内の水の平衡を維持することは死活問題である。