shinkeikagaku

迅速に作用する新規の抗うつ剤を開発するための新たな選択肢が示唆される。
今回、利根川進たちが、健忘症状は、記憶の符号化の障害ではなく検索の障害によることを明らかにしている。
ため息は呼吸および呼吸生理の不可欠な要素であるが、この行動を制御するニューロン回路に関してはほとんど知られていない。
MECP2レベルの遺伝的修正により、マウスの行動異常、分子レベルの異常、生理的異常が大きく改善されることが報告された。
今回、林(高木)朗子(東京大学)たちは、直前に活動したスパインを標的とした操作が可能な、新しい光活性化プローブを開発した。
今回2つの研究グループが対照的な方法を用いて、家族性ALSの原因である可能性がある1つの分子機構にたどり着いた。
外傷性脳損傷(TBI)は接触型スポーツの選手や軍人に多く見られ、その諸症状は急性神経機能障害に関連している。
科研費申請の山場と論文投稿が重なってデスクワークに没頭している間にノーベル賞ウィークの最初の発表、生理学医学賞の受賞者のアナウンスがありました。今年は神経科学! しかも、齧歯類を用いた空間認知記憶のメカニズムについてということで、子年生まれとしては二重に嬉しいです。