shinkiro

太陽がくびれて見える朝日は「だるま朝日」と呼ばれていて、蜃気楼の一種です。
太陽がくびれて見える様子は「だるま朝日」と呼ばれていて、蜃気楼の一種です。
上空と低空で温度差があるときに光が異常屈折して、地上や水面の物体が浮かび上がって見える「蜃気楼」が、11月17日に北海道の根室湾に出現した。