shinkokuritsu

東京五輪のメイン会場となる新国立競技場の建設現場で働いていた新入社員がうつ病になり自殺したのは過重労働が原因だとして、社員の遺族が労災を申請していたことが分かった。
東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場は基本設計が予定どおり終了し、年内にも工事が始まる見通しとなった。
2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場の建設について、事業主体である日本スポーツ振興センター(JSC)は14日、設計・施工業者から提出された「技術提案書」2案を公表した。
新国立競技場のモメ事で、神宮外苑ばかりが話題になっているわけですが、東京のかつての郊外、今ではもはや都心と言われる駒沢にもオリンピック競技場があります。
価格が上がり続けた本当の原因は……
オリンピックが、国家事業が、そして政治が、ただ密室の議論の結果で決まっていく。これが21世紀だろうか?
「私たちが2年間かけて設計した高品質なデザインを、ゼネコンが慌てて作ったデザインで置き換えるのは危険です」。ザハ・ハディド・アーキテクツの必死の訴え。
2520億円という巨額の建設費をめぐって白紙撤回になった、新国立競技場の問題で、政府は8月14日、白紙見直し後のプランの基本方針を発表した。
JSCは一体なにを黒塗り、何を削除し、表現を置き換えたのか。
白紙見直しになった新国立競技場は、誰がどう造るべきなのか。この問題に詳しい元ゼネコン社員が考える、「混乱した理由」と「新国立のこれから」
650億円で済むという識者も。
文部科学省は28日、新国立競技場建設の担当者だった久保公人スポーツ・青少年局長(58)が辞職し、後任に高橋道和・内閣官房教育再生実行会議担当室長(54)を充てる人事を発表した。
2020年東京オリンピック・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場の建設に伴い、近隣にある都営霞ケ丘アパートが取り壊される。
2012年に安藤忠雄氏が審査委員長を務める国際コンペで優勝したものの、白紙とされたイラクの建築家、ザハ・ハディド氏側は最後まで関わる意思を示しているという。
ゼロベースでの見直しを受けて、有識者の声が上がった。