shinrin

背景には、世界的な食料需要の増加に加え、温室効果ガス排出削減への動きに支えられたバイオ・エネルギー需要の増加がある。
「日本の木を使っているということで、温かさも感じる」
貴重な生態系への悪影響が懸念されています。
今の土砂災害防止対策のみでは、十分な対処ができない。
WWFジャパンは森林セミナー「持続可能な天然ゴムの生産と調達」を開催しました。
日本で太陽光発電の高値買い取り制度が始まったのは2009年11月。期間は10年間なので、その後をどうするのか、という問題である。
モンテッソーリ教育法に基づく「子どもの家」と呼ばれる幼稚園「箱舟」は、森の中の別荘という趣だ。
中国などを原産地とする昆虫のクビアカツヤカミキリ(別名クロジャコウカミキリ、学名 Aromia bungii )が日本国内で広がりを見せている。
「三浦さんが案内する森はおもしろい!」「森は生きているんだということがよく分かった」参加者たちが口々にそう語る。
2014年11月、マレーシアのクアラルンプールにおいてRSPO(持続可能なパーム油のための円卓会議)の第12回年次総会が開催されました。
2006年に1,411頭と推定されたインド国内のトラの総個体数が、2014年の調査では2,226頭に増加していることが分かりました。
富士通が開発したのは、監視カメラがとらえた映像を画像処理し、森林火災を高速かつ高精度に検出する技術です。
Presented by FUJITSU JOURNAL
世界では今も、自然の森の減少が続いている一方で、人口の増加や経済発展にともなう紙の需要が増加傾向にあります。