shinrinbunkakyokai

夏の花といえばハス。ハスを末永く楽しむためには、意外なものが必要であることがわかってきたようです。
日本で唯一「環境首都」の名が授けられた熊本県水俣市における小水力発電の取り組みをご紹介。
現代ではほとんど知る人もいなくなった山林王を追い続ける森林ジャーナリストの田中淳夫さんに、庄三郎の事績をたどってもらいました。
梅雨の季節、雨についてじっくりと考えてみましょう。
浅海域の海草藻場やマングローブ林では、ブルーカーボンやグリーンカーボンが貯留され気候変動の緩和に役立っていることがわかる。
今では「緑と花と彫刻のまち」として知られるが、かつては炭鉱の町として栄え、戦後にはセメント工業が盛んな工業都市として発展した。
深刻な待機児童問題に対して、子どもがうるさいという近隣住民の保育所建設への反対解消はたいへんだから、公園を使おうというのだろうか。
科学的な調査というと難しいことと思われがちだが、実はこの干潟調査のように単純明快な手法で人海戦術が必要なものが多い。
「生物多様性の戦いは都市での戦いの成否にかかっている」。
2015年末には化石燃料から投資撤退を決定した団体は世界で約500団体、総額約400兆円にのぼった。
研究者の地道な調査は、環境問題の解決に向けて世界中で行われている。
ガイドさんの解説で、ニッコウキスゲの仲間のエゾカンゾウ、可憐なエゾカワラナデシコ、巨大なエゾニュウ、紫色のチシマフウロなどさまざまな花たちと出会った。
日本で太陽光発電の高値買い取り制度が始まったのは2009年11月。期間は10年間なので、その後をどうするのか、という問題である。
京都学園大学教授・京都大学名誉教授の森本幸裕さんが、コンパクトな品種が使われ始めた街路樹について考察しています。
アカギは伐倒しても枯れることはない...となるならば解決方法は...
グローバリゼーションへの選択的対応のため、教育に特に力を入れ、小学校から大学まで授業料は無料で、ほとんどの授業は英語で行われている。
「雨水」と書いて「うすい」と読むか、「あまみず」か。実は、天と地ほどの違いがあるのをご存じだろうか。
エネルギー分野における化石燃料(特に石炭)の競争力が低下している状況について、京都大学名誉教授の松下和夫さんが報告してくれました。
住宅を建てる際に心がけることは、とにかく建物の耐震性は高くして、余裕を持った性能にしておくことが望ましいということである。
環境ジャーナリストの竹内敬二さんが、チェルノブイリ原発事故後30年を経過した被災地の課題を、福島の将来を重ねながら報告します。