shinsanhonnoya

2015年9月に安倍首相は、アベノミクスは第2ステージに入ったとし、それまでの三本の矢にかわる「新・三本の矢」を打ち出しました。
野党側が掲げるべき政策は明らかです。
10月に内閣改造を行った安倍総理は、「新三本の矢」を発表した。2016年は、この政策が本格的に動きはじめることになる。
厚労省は、インフルエンザ予防接種の接種率を上げるための追加予算措置など施策の充実に取り組むべきだ。
安倍首相、新三本の矢(強い経済、子育て支援、社会保障)への移行を宣言。その狙いは?
ここでは、「新三本の矢」の具体策として盛り込むべき緊要な施策例を提起したい。
今、私たちがやるべきは、問題の多いアベノミクスに代わる経済政策を打ち出していくことだ。
介護離職者が年間10万人を超えている現状を憂い、「介護離職ゼロ」という明確な旗を掲げた。そのため、介護施設の整備や介護人材の育成を進めることで、在宅介護の負担を軽減し、仕事と介護が両立できる社会づくりを本格スタートさせるとしている。