shiomuraayaka-togi

多くの女性も男性も、鈴木章浩都義のセクハラヤジへの謝罪は謝罪ではなかったとコメントしているのが印象的な今回の謝罪会見。
都議会でセクハラとも取れるヤジを受けた塩村文夏都議が、6月24日15時から都内の日本外国特派員協会で記者会見を開く。
ことの経緯はもう説明する必要はないだろう。都議会で女性議員に対してひどい野次が浴びせられた一件。
東京都議会で晩婚化対策の質問をした塩村文夏議員に、「早く結婚したほうがいいんじゃないか」などとセクハラとも取れるヤジが飛んだ問題で、自民党会派の鈴木章浩議員が6月23日、自分が発言したことを認めた。
東京都議会で、みんなの党会派の塩村文夏議員が晩婚化対策を質問した際に、男性の声で「自分が早く結婚すればいい」などとヤジが飛んだ問題で、海外メディアでも「日本では職場の性差別が当たり前」など日本社会に根深い問題だと報じられている。
みんなの党会派の塩村文夏(あやか)東京都議(35)が都議会本会議で「早く結婚しろ」などと都議からセクハラの野次を浴びせられた問題で、自民党の石破茂幹事長は21日、読売テレビの番組に出演し、発言者は自ら名乗り出るべきだと強調した。また、田村憲久厚生労働相は20日の会見で、「人として大問題なやじ」と述べるなど、自民党幹部や閣僚からも批判が相次いでいる。
東京都議会で晩婚化や晩産化の対策について質問をしたみんなの党会派の塩村文夏(あやか)都議(35)に対し、「自分が早く結婚すればいい」などと男性都議の発したヤジが、波紋を呼んでいる。都議会には1000件を超える批判が殺到。19日に各会派の全女性都議が申し入れを行い、20日には、みんなの党が処分要求書を議長あてに提出するなど、発言者の特定と処分を求める声が高まっている。
みんなの党会派の塩村文夏(あやか)東京都議が6月18日に開かれた都議会の本会議でセクハラのヤジを浴びせられた問題で、塩村都議は6月20日、みんなの党の定例会見に同席する。
東京都議会の本会議で6月18日、みんなの党会派の塩村文夏(あやか)議員(35)が、一般質問で妊娠、出産、不妊に悩む女性への支援の必要性を訴えた際、男性の声で「自分が早く結婚すればいい」「産めないのか」などのヤジが飛んだ。