shippai

素人による修復や復元によって貴重な文化財が次々と失われている
大人になるとは、理想を忘れることではない。
カフェで朝食を選ぶように、自分の生き方は選べます
「負けることを知らなければ、気高さは存在しないでしょう」
大人にも、そして特に経験の浅い子供にも、あらゆる人に「失敗する権利」がある。
ポジティブな感情が湧かないことは、「よし、やるぞ!!」となりにくいものですからね。
「チームのリーダー」ができることは何か。それは、働く上での精神的なセーフティネットを用意することではないかと思います。
50年のときを経て、祖父から受け取った大切な日本の知恵を若い世代に伝えておきたい。
起業系イベントなどでは、起業時の失敗を共有するイベントなども増えてきた。だけど、こと女性同士になると、親友以外では、失敗を共有しあうことは少ない気がする。
仕事でミスをするのは誰にでもあること。皆さん、どのような場面でミスをしているのか?また、ミスをしてしまった時に大事なこととは?
PRESENTED BY エン・ジャパン
リハーサルで失敗するとは、「経験を積み重ねることで本番での可能性を高める」ことなのです。
政治家と聞けば、胡散臭い、嘘ばかり、お金に汚いといった悪いイメージばかりを持っていた。 しかし…
どれだけ「ミスのないように」と意志が闘っても、無意識の領域では…
「仕事で失敗して凹んでいる」というのは、コーチングの中でよくでてくるテーマの一つです。
努力すれば、自分に自信がつく。それは無かった。そして、スポーツを始めた。大学の先輩に「まだ間に合う」と勧誘された、ボート競技だ。
チャレンジ精神は「変化」を望む情熱です。変化の必要性があれば、自ずとチャレンジ精神は湧き出てくるモノです。
この習慣を取り入れれば、自信を持てるようになる。
未だに古い体質の環境には「新入りは雑務から!」という意識が根強い場所があります。