shiria-enjobusshi

シリア国民は、援助物資の搬入妨害、無差別攻撃、恣意的拘束に拷問というすさまじい状況に直面している。ジュネーヴ2の成否は、そうしたシリア国民に対し、会議が何を約束できるのかにかかっている。いかなる移行計画も、有意味で持続的なものにするのであれば、法の下の正義の追求と人権尊重を核に据えるべきである。