shiria-kubaku

6月末に向けての人民元レートは米ドルに対しボックス圏内でほぼ横ばいの動きが続くと予想している。
4月27日、病院の27人のスタッフと患者が、シリア、アルクドゥス病院近くへの空爆で命を落としました。
シリア北部アレッポの反体制派支配地域で27日、小児病院が空爆され、子供や医師ら少なくとも27人が死亡した。
伊勢志摩サミットでは、シリア、ウクライナ、IS対策、原油安など、G8から外されたロシアが「影の主役」となる議題が少なくない。
ロシアの識者は今後のロシア情勢について、「テレビと冷蔵庫の闘い」と指摘する。
英議会で、シリアへの空爆を開始する政府案が賛成多数で可決された。政府の空爆案にはいくつも落ち度があることが分かったものの、最後は賛成で決着がついた。
トルコ大統領の関係者は、トルコ軍が撃墜したのはロシア製「SU─24」と述べた。
パリ同時テロ事件を受けて、ロシアはシナイ半島でのロシア機墜落を「『イスラム国』(IS)によるテロ」と断定し、シリア空爆作戦を増強、戦線を拡大した。
パリで起きた同時多発攻撃の捜査が拡大する中、フランス軍は15日、シリア領内にある過激派組織「イスラム国」の拠点を空爆した。
オランド大統領は「フランスは恐怖に対して、自衛し、力を動員し、テロリストたちを説き伏せることができる国だ」と断固とした決意を語った。
シリアのアサド大統領は20日夕、突然モスクワを訪問した。
アメリカが主導する過激化組織IS(イスラム国)に対する空爆は、うまくいっていない。1年前に空爆を開始した時には、私も含めた多くのシリア人が、シリアの恐怖を終わらせる第一歩になるだろうと思っていた。
シリア政府軍は11月25日、イスラム過激派組織「イスラム国」(ISIS)が首都と位置づけているシリア北部の都市ラッカに大規模空爆を行い、少なくとも63人が死亡した。
アメリカの支援を受けているシリアの穏健な反体制派は、週末に北西部で大敗を喫した後、11月3日の時点で、より弱体化しているようである。
イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」の掃討に向け、オバマ米大統領が「幅広い有志連合」を構築すると発表して約2週間。しかし、各国の思惑には大きな差がある。
イスラム教過激派組織「イスラム国」のシリア領内の拠点への空爆で、アメリカ空軍の最新鋭ステルス戦闘機「F-22ラプター」が初めて実戦投入されたことが明らかになった。