shirubaminshushugi

この国では困っている人がいても、多数でなければ票につながらないから、支援の責任は民間企業にゆだねると言うのか?主婦の私には何もできないの?
実は、国民にとっては、今回の憲法改正が可能な状態は、縮小経済の中でのシルバー民主主義という課題を解決できる、千載一遇のチャンスではなかろうか。
市民一人ひとりの意思を表明・集約するSNS時代は、「シルバー民主主義」を克服する上での世代を超えた民主主義成熟への重要な一歩ではないだろうか。
若者世代の参加は社会にどんな変革をもたらす?その一つの可能性は「シルバー民主主義」改善だ。
わが国が抱える最も本質的な問題において議論が深まらない選挙戦に若干の虚しさを感じている。シルバー民主主義の下で高齢者に負担を求めるには勇気が必要だ。
我々が目指すべきは、望めば正社員になることができ、結婚し、子どもをつくることができる社会だ。
激動の21世紀を生き抜くためには、時代の変化を柔軟に受け入れることが必要だ。
高齢者選挙権制限の発想は、高齢化に伴いシルバー民主主義が叫ばれるようになって、最近ちょこちょこ目にするようになりました。
最近、シルバー民主主義という言葉をよく耳にする。人口の高齢化に伴い、高齢者の意見が政治に強い影響力を及ぼすからだ。しかし、それは多数意見により意思決定される民主主義が機能している証左でもある。
大阪都構想が否決された結果を受けて、多く見られた意見が「この結果はシルバー民主主義の象徴だ」というものです。今回は特にこの主張について考えていきます。