shiyozumikakunenryo

韓国で核武装を支持する論調が高まっている。
東日本大震災と福島第一原発事故から3年ということで、Yahoo! Newsの企画で3月6日に原発事故現場を見学する機会を得た。
3月6日、筆者ら「ヤフーニュース個人」のオーサーら10人は福島第一原発の内部を取材した。
東京電力は11月21日、福島第一原発の4号機の使用済み燃料プールから取り出した核燃料22体を原子炉建屋から、共用プールがある別の建屋に運び出したと発表した。4号機の中には、まだ1511体の核燃料が残っており、作業は始まったばかり。ガレキが散乱する中での危険な作業。ハフィントンポストの読者からは「作業をネット中継する必要があるのでは」という意見も届いている。
福島第一原発・4号機の使用済み核燃料の取り出しが始まる。この作業が完了することで、廃炉に向かう工程にどのぐらい進捗があると考えられるのか。また、この作業にはどのような懸念があるのだろうか
私は今回の福島原発事故が起きるまでは、安全性に注意していれば原発事故は起きないと考え、政策的にも原発を活用するという方針で取り組んでいました。しかし実際に福島原発事故に総理として直面し、5000万人の避難が必要となるぎりぎりの事態を経験し、考え方を180度変えました。
日本がベトナムと結んだ原子力協定には、ベトナムの使用済み核燃料を日本が引き取ると書いてあるというまことしやかなデマが一部で流布されているようだ。
この日本原燃の濃縮施設は、現在、国内で稼働している唯一のものであり、その能力は(極秘)SWU。回転速度マッハ(極秘)、高さおよそ(極秘)mの濃縮装置が(極秘)ユニット稼働している。ここだけは同行したメディアはすべて立ち入りを認められず。
「アメリカ政府は日本に対して原発産業を維持するように求めている」と言ったような原発に関する「アメリカ」話が盛んに出回ったことがあったが、「アメリカ政府は、日本がエネルギーの供給源の多様性を維持したほうがよいと思っているが、いずれにせよ日本が決めることだと認識している」というのが事実だ。反対に、「使用目的のはっきりしないプルトニウムが増えることにアメリカは明確に反対する」。