shizenenerugi

地域のより良い自然エネルギーの普及を図る観点から、今後各地で進むゾーニングに示唆を与える取り組みです。
新しいエネルギー社会の実現に向けた「100%自然エネルギーシナリオ」。その実現可能性について今、議論がなされ始めています。
日本でも2012年7月の固定価格買い取り制度開始以降、太陽光発電を中心とする再生可能エネルギーが急増しています。
2011年3月の東日本大震災で生じた、福島第一原発の事故発生以降、生活や経済に欠かせない電力を、国内でどう生み出し、供給するかが改めて議論になりました。
グローバルからローカルまで、独断と偏見で振り返ってみたいと思います。
FITは、再生可能エネルギー全量固定価格買い取り制度を意味する。5種の自然エネルギー(太陽光、風力、中小水力、地熱、バイオマス)でつくる電気を買い取る制度だ。
米国ラスベガスの光り輝くベガス・ストリップやフリーモントストリートを見ると、途方もない電気代のことを想像してしまう人も多いのではないだろうか。
ノースカロライナ州のある町が、太陽光発電所建設計画を退けた。
全ての小売電気事業者が、全ての消費者に対し、適切かつ十分な説明を果たすべきと考えられます。