shoe8839ee4bd93

大学院生・持田啓介さんは、わずか2年ほどで細胞の小胞体と核のオートファジーの仕組みを明らかにすることに成功した。
小胞体は膜で作られた複雑なネットワーク構造で、タンパク質や脂質の合成、イオン恒常性、タンパク質の品質管理、細胞小器官の間での情報伝達に関わっている。