shogaisha

2020年東京オリンピック・パラリンピックで、世界中からの多様な人々を迎える日本。私たちの「心のバリア」を取り除き、真のダイバーシティを実現するためには何が必要か。
病気や事故で足を失い、義足をつけて生活している15人がモデルとなるファッションショーが7日、東京都江東区の日本科学未来館で開かれた。おしゃれな服とパフォーマンスで、観客からは拍手喝采を浴びていた。
年間来場者3000万人を誇る東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市舞浜)を運営する㈱オリエンタルランドが企業・団体向けに行う研修事業で、福祉分野の受講生が増えている。
一般社団法人ライフステップ(田村宏代表)が葛飾区新小岩で運営する「グリーンカフェ」では、LED照明を使用した水耕栽培を手がけており、障害がある人が働いている。
山梨県内の視覚障害、発達障害、ダウン症など8団体からなる県障害児者家族会ネットワークのメンバーが、「おやラボ」というプロジェクトを2013年3月にスタートさせた。
台風直撃となった体育の日。午前中に北区民体育大会の開会式に来賓出席した後、各地域の運動会イベント...ではなく、敢えて障害者スポーツの勉強会に出席しました。
「放課後等デイサービス」という単語、ほとんどの方にとって聞きなれないものだと思います。特別支援学校に通う、障害をもつ生徒たちは放課後や夏休み、何をしているのか。皆さま、考えたことはありますか? 私は正直、あまりありませんでした。。
1球50円からのつながりと支援--。京都府宇治市のNPO法人「就労ネットうじ みっくすはあつ」では、ボロボロになった硬式野球のボールを、1球50円で修繕している。
アジアの若手起業家が参加する日本発のビジネスコンテスト「アジア・アントレプレナーシップ・アワード2014」(一般社団法人フューチャーデザインセンター主催)が7月13日から3日間、千葉県内で開かれた。テクノロジーベンチャー企業のネットワークづくりを目指すもので12カ国・地域から18社が参加した。最優秀賞には、自閉症の人が身につけると気持ちが落ち着くという「Tジャケット」が選ばれた。
フランス国立科学研究センター名誉研究部長であるベルトラン・ジョルダン博士の来日を記念する講演会「自閉症と遺伝」がこのほど都内で開かれた。