shogakko

通年同じ生活リズムで生活できる保育園と違い、小学校に存在する長期休み。小学生の預け先としては学童保育がありますが、なかには「学童保育に行きたがらない」という場合も。そんなとき、子どもを会社に連れてくるという選択肢はありなのでしょうか?
今日から8月。そろそろ中だるみの時期かもしれませんね。さて、そんなときは親子で料理してみませんか?子供と料理は意外に深い&いい関係があるようです。子供の学力を驚異的に向上させた「陰山メソッド」でおなじみの陰山英男先生に、子供と料理の関係について伺いました。
いよいよ始まった夏休み。さあ、今年の自由研究はどうしようと悩んだら、料理をテーマにすることをお勧めします。
「PTA幸福度調査アンケート」を行ったことによって、みんなが「この現状を、どうやって変えていけばいいのか?」と考えるようになったそうですが、その後、山本さんのPTAはどんなふうに変わっていったのでしょうか?
「なんとか避けて通りたい」。母親たちの間では、長いこと〝不運な事故〟のように扱われてきたPTA活動ですが、最近その魅力に気付いて動き出したのが、地域活動や子どものことに関心をもつお父さんたちです。
下村博文文部科学相は6月3日の閣議後会見で、公立の「小中一貫校」を設置できる制度を導入する方向で文科省が検討に入ったことを明らかにした。現行の小学校6年、中学校3年の「3・6制」だけではなく、「5・4」「4・3・2」など地域の実情に応じて弾力的に編成することが可能になるという。
教育は変わった、らしい。かつて、いい会社に入るためにはいい学校を出る必要があり、いい学校に入るためには幼い頃から塾に通わせる必要があった。いい小学校、いい幼稚園、いい胎教......。日本には厳密にルール化された「トップレベルへの登り方」が整備されていた。
小中学校の道徳教育見直しを検討している文部科学省の有識者会議が11日あり、正式教科ではない道徳を教科に格上げする報告案をまとめた。検定教科書の導入も盛り込んだ。