shohizeizozei

財務省が8月8日に発表した2014年上半期(1〜6月)の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支は、前年同期の3兆3131億円の黒字から5057億円の赤字に転落した。比較できる1985年以降で上半期の赤字転落は初めてだ。2013年下半期は788億円の赤字で、これを上回る2半期連続の赤字となった。
厚生労働省が30日に発表した4月の有効求人倍率(季節調整値)は1.08倍と、7年9カ月ぶりの高水準となった。総務省が同日発表した4月の完全失業率(季節調整値)は3.6%で前月と同水準だった。 4月の有効求人倍率は2006年7月の1.08倍以来となる高い水準。ロイターの事前予測調査では1.07倍が見込まれていたが、結果はこれを上回った。
消費税率が8%に増税されてから1か月が経ちました。消費税が価格に転嫁されており、一人の消費者の実感として、毎日の支払うお金が少し増えた感じがします。
西友は4月1日から、肉や魚、野菜などの生鮮食品を買った客が味や鮮度に満足しない場合、全額返金する制度を始める。客の満足度を高め、売り上げ増加につなげるねらいだ。
身近な節約食材の定番である「豆腐」。クックパッドが実施したアンケートでも活用したい節約食材の2位にランクインしていました。安定した価格と良質のたんぱく源として重宝する食材です。
クックパッドが実施したアンケートで、活用したい節約食材1位に輝いた「もやし」。いつでも安く手に入るのでよく買うものの、傷みやすかったり、水っぽくなってしまったりと上手く使いこなせていない方も多いのではないでしょうか。
4月1日から消費税が5%から8%にアップする。仮に、月に20万円可処分所得がある場合は、月に6000円分の負担増となる。150円/Lのレギュラーガソリン40L相当の負担増に対し、今できることをピックアップしてみた。
内閣府が14日発表した2013年7─9月期国内総生産(GDP)は実質値で、前期比0.5%、年率プラス1.9%、4四半期連続のプラス成長となった。久々に持続的な景気回復となっていることが確認できた。ただ年率4%前後の成長が続いた直近2四半期からは大きく減速。
近所の店にご飯を食べに行くと、顔馴染みの店主から「消費税、どうすればいいんですかねえ」と相談されました。来年4月から消費税が8%に引き上げられることが決まりましたが、それに合わせて680円の定食を700円に値上げできるかどうか悩んでいるのです。
わかりやすい価格の表示は「税込・税抜き・税額」の3点セットで表示――2014年の消費税増税を控え、博報堂が8月12日、「わかりやすい価格表示」についての調査結果を発表しました。
甘利明経済再生担当相は30日夕、経済財政諮問会議終了後の会見で、消費税引き上げについて、リーマンショックのようなよほどの外的要因がない限り、消費税を引き上げないとの選択肢はないと述べた。