shohizozei-eikyo

10月8日、麻生太郎副総理兼財務大臣が会見で、消費税の10%への引き上げについて来年12月までに判断するのが望ましいと語った。
消費税率8%が決まったことをフィナンシャルタイムズやウォール・ストリート・ジャーナルなど、海外紙が相次いで報じているが「日本は消費増税すべきではなかった」といったような報道が出ている…
安倍首相が消費増税を表明した。景気の腰折れを防ぐため、5兆円規模の補正予算案を編成することや、企業の設備投資・賃上げを促す減税措置などが盛り込まれた「経済政策パッケージ」が実施されることになる。「経済政策パッケージ」とはどのようなものか。具体的な内容を紹介する。
安倍晋三首相は10月1日に発表される9月の日銀短観で景気動向を最終確認した上で同日夕方の記者会見で、消費税を2014年4月から8%に引き上げることを表明する。MSN産経ニュースが報じている。増税の景気への影響を最小限にするために、低所得者向けの一時給付や、企業減税などが盛り込まれる方向で調整しているが、仮に増税により景気が悪化すれば政権にとっては打撃となりそうだ。
政府が経済政策の目玉として発表するといわれている「復興法人税の前倒し廃止」について、与党内で議論が割れている。公明党は、賃金引き上げの確約が得られない企業優遇策と反対しており、今後の議論の行方が注目される。現在、経済政策については複数の議論が行われている。それぞれの議論が根本で絡み合い、相互に影響を及ぼす状況だ。議論の内容を整理して紹介する。
消費税の引き上げが行われるとみられ、国民の間では、個人レベルでの様々な「消費税対策」が行われている。住宅、定期代、映画代、何を買っておくとお得?
2014年4月に消費増税が検討されているが、安倍首相は22日に放送された民放番組で、消費増税のリスクについて「私の責任だ。結果にも責任を持たないといけない」と述べた。
安倍政権は来年4月に予定通り消費税の税率を上げる方針を固めた。再びデフレに戻ることを防ぐため、増税と同時に5兆円規模の経済政策を行うことも検討する可能性もあるようだ。
甘利明経済財政担当相は、9月9日に発表された4-6月期の実質国内総生産(GDP)2次速報値が前期比プラス0.9%(1次速報値プラス0.6%)、年率換算でプラス3.8%(1次速報値プラス2.6%)に上方改定されたことを受け、消費増税判断にいい材料が加わったと述べた。
民主党の菅直人元首相が9月9日、自身のブログで自民党の小泉純一郎元首相を批判した…