shokei

私が初めてシリアを訪れたのはちょうど4年前、民主化を求め大きなうねりが起きている真っただ中だった。
過激派組織「イスラム国」は、エジプト人21人をリビアで斬首したとする映像を公開した。勢力範囲が、リビアにまで広がっていることを示唆するものだ。
実効支配するイスラム過激派組織、「イスラム国」が、シリア南東部で18歳と20歳の男性を、同性愛者だという理由で処刑したという。
過激派組織「イスラム国」に属する覆面の殺人者が、約2年前にシリアで行方不明になっていたアメリカ人ジャーナリストのジェームズ・フォーリー氏を「処刑」する場面とされる動画が、現地時間8月19日にソーシャルメディア上で公開された(日本語版記事)。
張成沢氏の処刑を知った平壌市民の姿を、ジャーナリストが写真に収めました。
ハブレ前大統領は、自らの名で行われている大規模な虐殺行為を気にも留めない、冷酷な支配者だった。ハブレ前大統領は秘密警察を完全掌握し、反体制派であったり「不適切な」民族であるというだけで、拷問・殺害を行っていた実態を、この研究は明らかにしている。
朝鮮中央通信から出された判決報道文を巡って様々な解釈が街角やら酒席を飛び交っているようだ。日本人もこの報道文をじっくりと読んでどうも雲行きの怪しい東アジアの明日を占うべきだと思い日本語に翻訳してみた。
北朝鮮の金正日総書記が死去して12月17日で丸2年になる。平壌の追悼大会に、処刑された張成沢氏の妻で、金正恩氏の叔母にあたる金慶喜書記は姿を見せなかった。
北朝鮮の朝鮮中央通信は12月13日、先日、党からの除名を決定した張成沢・前国防委員会副委員長に対し、国家転覆陰謀行為の罪で前日に特別軍事裁判を開いて死刑判決を下し、即日執行したと伝えた。