shokubutsukagaku

リン肥料は、農作物の生産性向上のために日常的に使われているが、それには代償が伴う。
顕花植物では、胚珠内にある雌性配偶体は化学誘引性ペプチドを分泌して花粉管の伸長を誘導し、移動性の無い精子が雌性配偶体へと運ばれるようにしている。
植物では葉でも根でも、傷などのストレスが加わったりすると個体を再生します。この植物の能力ってすごい。
鳥居啓子(米国ワシントン大学)たちは今回、気孔形成および気孔分布パターンの形成について調べ、予想外のシグナル伝達機構を見いだした。