shokuji

今のままでは不足するとされる、たんぱく質を補うために食料システムの変革が求められている。
2歳になる息子は、今まで食べたことのなかった食材を「おいちい!」と舌足らずに喜びながら食べる。モリモリと...。
夏休みが始まると、体重を減らしてしまう子どもたちがいる。そんな話を聞いたことはないだろうか?家で十分な食事をとることができていないため、給食がなくなると、成長に必要な最低限の栄養さえとれずにやせてしまうのだ。そんな子どもたちを少しでも減らそうと、NPO法人キッズドアが奮闘している。
今が一番おいしいサバ。上手に保存し、美味しく料理していただきましょう。
子どもがキャッチするのは食べ物の味そのものよりも、親の「表情」だったり「声かけ」だったりする。
"食の制限"を抱えながら日本で生活するには、どんな大変さがあるのだろう?