shokuji

海苔で作られた折り鶴。白いご飯から、まさに飛び立とうとしている。その芸術的な姿に「これはどうやって食べればいいの」という戸惑いの声も。
認知症の名医で、国立長寿医療研究センター部長の遠藤英俊先生は炭水化物を控えるダイエットが脳に悪影響を与え、「物忘れ」につながっている可能性があると指摘しました。
リンゴが体に良いことは広く知られていますが、実は温めたほうが、さらに健康効果が高まるとして注目されています。
ほとんどの人は、子どものときに4つの味があると教えられただろう。(私たちの大好きな)甘味、酸味、塩味、苦味である。しかし、私たちが受けたこの教育には大きな穴がある。味覚の中でも最も重要で、私たちが毎日味わっている素晴らしい味。スープを心温まるものに変える味。こんがり焼いた肉をこの上なく幸福な味に仕上げ、時間を置いて発酵させたチーズを素晴らしいものに変える味。この味が、長い間無視されてきたのである。
写真家のハーグリーブス氏とレヴィン氏が作った、裕福な人たちが食べている食事と、貧しい人たちの食事とを並べた写真シリーズからは、食卓を通して「持てる者と持たざる者の間にある格差を実感できる。
研究では姿勢を調整・保持することで、食事を喉に詰まらせてしまうことを防ぎ、人間がもつ本来の食事の機能を働かせることできるということが明らかになっています。
早食いは、よく噛まずに食べ物を飲み込んでしまうため、消化にも悪く肥満の原因であることは多くの方がご存知だと思います。しかし、「ゆっくり食べる」とはどのようにする事なのでしょうか。
夕食のときは、家族が集い、一日の出来事について語り合う、というイメージがある。けれどもそれは、すべての人に当てはまるわけではない。
キレイをキープするためには、ゆっくり時間が取れる週末を有効活用するのが賢い美人の共通ルール! スペシャルなケア法を紹介します。
揚げたてのフライドポテトや、カリカリになるまで焼いたベーコンは、ときどき無性に食べたくなるものだ。しかし、このような食品を頻繁に摂取することで、糖尿病やアルツハイマー型認知症の発症率が高まるという研究結果が新たに発表された。