shugiin

11月21日の衆院本会議で、解散の際に恒例となっている議員の万歳三唱がやり直される一幕があった。なぜこのような事態になったのか。国会会議録を振り返ると意外な事実が見えてきた。
総選挙に出馬してほしいという声があるのは事実で、それを含めて最終的な判断をしなければならなくなっている、ということだ。
「安倍晋三首相が2014年内に衆院解散に踏み切るのでは」という見方が与党内で強まっている。総選挙となれば、現在より目減りする可能性は高い。みすみす議席数を減らすのは暴挙にも見えるが、なぜあえて解散を選ぶのか。各社の報道を元に、安倍首相の真意を探ってみた。
これから予備費と国庫債務負担行為の審議をする委員会が開かれるのに、すでに各党が賛否の態度を決めている!?しかも、委員一人一人の賛否ではなく、「各党」の賛否の態度が回答されている。(記録に残るのも各党の賛否だけだ)では、これから開かれる委員会は何なのだろうか。
今年の干支は「馬」です。馬力と称するように、大きな力によって物事が動いていく年です。私の力も、「国家国民のために」発揮していくことを誓います。
「愛と勇気とおばちゃんが世界を救う!」をキャッチフレーズに、インターネット上などで活動する女性市民グループ「全日本おばちゃん党」が、特定秘密保護法案をドラマ仕立てにしてわかりやすい解説を試みた動画を12月1日から配信している。
11月26日に衆議院で採決され、参議院で審議が進む特定秘密保護法案。朝日新聞が行った世論調査では、賛成25%、反対50%という結果になった。国会でも紛糾が続くこの問題、弊誌に寄せられたコメントをまとめた。
特定秘密保護法案の衆院通過を受け、朝日新聞社が11月30日〜12月1日に全国緊急世論調査(電話)を実施したところ、法案に賛成が25%で、反対の50%が上回った。法案の今後については「継続審議にするべきだ」が51%に上り、「廃案にするべきだ」が22%。「今の国会で成立させるべきだ」は14%にとどまった。
特定秘密保護法案が衆議院を通過し、参議院での審議が始まった。マスメディアを中心に依然として反対意見が多く聞こえるが、僕にはよく理解できない。
特定秘密保護法案成立の動きをアメリカは歓迎しているようだ。軍事力を強める中国に対抗するため、日本が強い政府となることを望んでいるのだ、とAP通信は報じている。専門家の多くは、憲法改正への道ならしともみているようだ。
自民、公明両与党は衆院国家安全保障特別委員会で、みんなの党と日本維新の会とまとめた特定秘密保護法の4党修正案の採決を強行し、自民、公明、みんなの賛成多数で可決した。午後の衆院本会議で緊急上程され、衆院通過する見通し。
特定秘密保護法案が11月26日、衆院本会議において賛成多数で可決した。この法案の最大の問題点は「国家にとっての利益」と「公務員にとって利益」の区別が曖昧になってしまうという点である。
外交や安全保障上の秘密を漏らした公務員らを処罰する特定秘密保護法案が、11月26日夜の衆院本会議に緊急上程され、自民、公明、みんなの党の賛成多数で可決した。
安倍政権は25日、衆院で審議中の特定秘密保護法案について、26日の採決に反対していた日本維新の会が賛成しない場合でも、与党とみんなの党だけで衆院国家安全保障特別委員会と本会議で採決を強行する方針を固めた。自民、公明両与党と維新、みんなの4党が共同でまとめた修正法案が26日に衆院を通過する見通しとなった。複数の政権幹部が明らかにした。