shugiingiin

この三連休の話題はやはり解散総選挙についてが中心となりました。
金を積んで中国と対抗しようとしても、それは無理です。札束ではなく、信頼とかアイデアとか、知恵で勝負する時代です。
「民進党を根っこから変えなければならない。」
8月はいつも日中戦争(正式な宣戦布告が無かったため「事変」とも称しますが)、太平洋戦争について改めて考えさせられます。
18歳選挙権が施行され、参院選を控える私たち若者はどのように政治家と向き合い、一票を投じるべきなのか。政治からプライベートまで、様々な疑問をぶつけた。
ニュースに出てくる人たちの名前が、隣の叔父さんみたいな感じで出てくるので政治の世界がある意味で身近だった。
お話を聞き、若干偏見のあった自分の考えが少し変わりました。
移植のために臓器が提供されたときに、どの患者にその臓器が提供されるべきなのか、そのあっせんを行っているのが公益社団法人 日本臓器移植ネットワークという組織だ。ところがこの二年間に、あっせんの間違いが三回起きている。
経済財政諮問会議で民間議員から、2006年の骨太の方針と今回の財政再建を比べて、今回のほうがはるかにきつい歳出改革、抑制に取り組むことになると指摘があった。
知事と代議士、両方経験をした人は何人もおられるが、多くの場合は、代議士から知事へ。その逆は意外と少ない。