shugiinsenkyo

今回の衆院選は猫の目のように攻守が目まぐるしく入れ替わった。
小選挙区と比例代表をいちから解説
参院選後初の国政選挙となる衆院東京10区と福岡6区の両補選(23日投開票)について、朝日新聞社は15、16の両日、電話調査を実施し、取材で得た情報と合わせて情勢を探った。
なぜこれだけ大事な話を国会閉会を見計らったようなタイミングで発表するのだろうか。
みなさまのお住いの地域では、各種選挙の投票率は何%程度でしょうか。
昨年末の総選挙では、野党を中心に多くの落選議員も生まれた。そのうちの1人、衆院議員を3期務めた民主党の山内康一さんに政界について話を聞いた。
この記事は、先日の衆院選直後に、この結果に「不満」な人にも希望が持てる道筋を示そうという意図で書かれたものですが、長過ぎてハフィントン・ポストのシステム上途中でカットされてしまったので、前後編に分けて再掲載しているものです。
『第47回衆議院選挙』の投開票が行われた14日、テレビ各局では開票速報番組を編成したが、ジャーナリスト・池上彰氏擁するテレビ東京『池上彰の総選挙ライブ』(※BSジャパンでも放送)が【後7:50~10:00】で11・6%、【後10:00~11:54】で8.5%、番組平均視聴10.1%を獲得したことが15日、わかった。視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区。
12月14日に投開票となる衆議院選。総務省が発表した、18時までの投票率データを元にマップにした。4段階に色分けしている。
なぜ日本におけるあらゆる「改革」は右も左もあまりうまく行かなかったのかというと、「古い国体」vs「ものすごく荒っぽい改革主義」的な二者択一になってしまっていたからなんですよね。
総選挙の直前になって、自民党がNHKや民放キー局に対して「要望書」を出した問題での効果がじわじわとボディーブローのように効いてきた印象だ。
総選挙が行われる12月14日まで、あと2日となった。今回の選挙では、衆議院選挙と同時に「最高裁判所裁判官国民審査」が行われる。日本最高の司法機関である最高裁判所の裁判官にふさわしい人物か、有権者ひとりひとりが審査する。何を考え、どのように投票すればいいのか。政治メディア「ポリタス」に掲載された記事をご紹介する。
さまざまな意思表示があり、そしてそこから議論や意見の深化が生まれ、熟議の民主主義が育っていく可能性が、インターネット選挙の面白さじゃないかと思うのです。
第47回衆議院選挙の投開票が、12月14日に行われる。しかし、2012年12月に行われた前回の衆議院選挙では、投票率が59.32%と戦後最低を記録。中でも20代の投票率は全世代で最低の37.89%だった。リンクが切れてしまった若者と政治をつなげるために活動しているNPO法人「YouthCreate」代表、原田謙介さん(28)に聞いてみた。投票に行くのは一体、なぜ?
PRESENTED BY 総務省
ネット選挙解禁後初めてとなる衆議院選挙を前に、衆議院選挙におけるネット選挙の重要性を考えてみたいと思います。
野党の役割は、政権が暴走した時にブレーキをかけ、対案を提示し、常に政権交代に備えることです。今、この国に必要なのは野党の力です。