がんに打ちのめされるたびに這い上がった。その都度、大切な何かを学んだ。
火災は4月15日、事故当時30代だった女性患者が子宮頸部(けいぶ)にレーザーを使った手術を受けているときに発生。
「病院の先生方の勇断により、先日、手術を受けることができました」と報告した。
「それは、想像していた出産風景と全く違うものでした」