絶好調の打撃とは裏腹に、投手としてはピンチ。右肘靭帯に新たな損傷見つかる
がんに打ちのめされるたびに這い上がった。その都度、大切な何かを学んだ。
火災は4月15日、事故当時30代だった女性患者が子宮頸部(けいぶ)にレーザーを使った手術を受けているときに発生。
「病院の先生方の勇断により、先日、手術を受けることができました」と報告した。