shumahha

スキー事故で重傷を負った自動車F1シリーズの元王者、ミヒャエル・シューマッハー氏ついて、所属していたフェラーリのモンテゼモロ前会長は日、容体は「良いものではない」と述べた。
F1で7回の世界チャンピオンに輝いたミハエル・シューマッハの16歳の息子、ミック・シューマッハが、自動車レースのデビュー戦で優勝した。
先月、昨年末に起きたスキー事故の影響でおよそ半年間も昏睡状態に陥っていたミハエル・シューマッハが、ついに退院したというニュースをお伝えした。"F1界の皇帝"の生還に、誰もが心からそれを喜んだ。しかし、そんな状況の中、何者かがシューマッハの医療記録を盗み出してメディアに売り込んでいたことが判明した。英紙『ザ・ガーディアン』によると、犯人はシューマッハの治療状況をまとめた数十ページに及ぶ医療記録を、メディアに対して6万スイスフラン(約680万円)で売りつけようとしたという。
F1ワールドチャンピオンに7度輝いたミハエル・シューマッハさんが、昨年12月29日のスキー事故で頭部を負傷して5カ月半にも及んだ昏睡状態から脱して、フランスのグルノーブル大学病院から退院したと、シューマッハさんのスポークスマンが発表した。ハフィントンポストUK版他が報じた。
スキー事故から約3カ月がたった今も、ミハエル・シューマッハの昏睡状態は続いている。残念ながら今回も良いニュースをお伝えすることができないが、元F1医師団代表のゲイリー・ハートスタイン氏による非公式の情報を入手したので、ご報告したい。
昨年末のスキー事故から約8週間たった今もフランスのグルノーブル大学病院で治療中の元F1ドライバー、ミハエル・シューマッハ。現在は、鎮静剤の量を減らし昏睡状態から覚せいさせるための処置がとられており、先日も肺炎にかかったものの回復したというニュースをお伝えした。
昨年12月のスキーの転倒事故で頭部に損傷を負い治療中の元F1王者、ミハエル・シューマッハ。独紙『Bild-Zeitung』は、シューマッハは入院後、肺炎に感染し抗生物質による治療を受けていたが、危険な状況はすでに脱したと伝えている。
ミハエル・シューマッハが、スキーの転倒事故で頭部に損傷を負ったのは昨年12月29日。その後、治療の一環として昏睡状態に置かれていたが、2週間前から覚せいさせるための処置が施されている。
7度のF1世界チャンピオンに輝いたミハエル・シューマッハが、スキー中に転倒して頭部に重傷を負ったという衝撃的なニュースを昨年末にお伝えしたが、現在のところシューマッハの容体は安定しているものの、危機的な状況を脱したとは言えないようだ。
ミヒャエル・シューマッハー氏さんの病室に、神父に変装をして侵入を試みたジャーナリストがいたとし、代理人が報道陣にはプライバシーを尊重するように呼びかけた。