shusenjo

「映画を通して、私は(慰安婦問題について)両方の意見を出そうとしました。最後は、見る人が決めることです」
「KAWASAKIしんゆり映画祭」で一度は上映中止が決まったが、最終日の11月4日夜に上映された。
「映画祭を主催する立場の人としては、あってはならないあるまじき判断です。作り手に対する敬意を欠いているし、皆さんからその映画と出会うチャンスを奪っている行為です」
慰安婦を題材にした映画『主戦場』の上映見送り。上映作品の製作者らから抗議の声が上がった。
出演者の一部が「『学術研究のため』と説明されたのに、商業映画として公開され、著作権や肖像権を侵害された」として訴訟を起こしていた。
この映画では国や思想、信条に関わらず、大学教授やジャーナリスト、活動家など、あらゆる人々へのインタビューを盛り込んでいる。