shushokukatsudo-daigakusei

文系、理系という言葉が死語になるくらい、融合が必要なのです。
未経験なうえ、面接にはスノーボードウェアで来たという破天荒ぶりを見せた若者が、現在はエース級の活躍を見せているという。一体何故彼は採用されたのか? そして成長することができたのだろうか?
PRESENTED BY エン・ジャパン
未経験からweb系企業入社した若手社員2名。今では「主力」と呼ばれるまでになったという。一体どのように成長を遂げたのだろうか?
PRESENTED BY エン・ジャパン
大学卒業後の進路が多様化する昨今、選択肢の数が多いほどに迷いが生じる。一体どんなファーストキャリアがいいのだろう? 若手スタートアップやVCの代表に各々が思う「理想」を伺う。
PRESENTED BY エン・ジャパン
悩みに、劇薬的に効く一冊です。新人なので、全部脱いで書きました。
この様な状態になったのには様々な理由がありますが、その大きな理由のひとつが「円安になっても産業は日本に戻らない」です。
学生と社会人との間に境界はなく、また本当に主体的な人物は企業説明会などには参加しない。また情報化の進行により、ホワイトカラーの仕事は急激に価値を失っている。100年もしないうちに「楽しくなければ仕事ではない」という時代がくる。ならば答えは決まっている。大学を卒業する前に――いいや就職活動なんて始める前に、自分の好きなことで稼ぐ道を探すべきだ。
安倍政権が経済界に求めた「就職・採用活動の後ろ倒し」を、学生や企業の半分以上が支持せず、4分の3が効果に疑問を持っている――…