shushokukatsudo

「問題はなかった」と結論づけたコメントで収束しつつある、カネカのパタハラ疑惑。でも、社員や就活生たちの目は厳しそうです。
5月17日に文部科学省と厚生労働省が発表した「2019年3月大学等卒業者の4月1日現在の就職状況」をもとに、「育て上げリサーチ」が分析記事を執筆した。
「育て上げネット」僕たちのところにスーツを借りにくる若者が毎年、20~30名います。彼らはなぜスーツを借りにくるのでしょうか?
就職活動などで必ず聞かれる「あなたのやりたいことは何ですか?」という質問。聞かれてもピンとくるものが思い浮かばず、悩んでいる学生は多いのでは。
アメリカには日本のように一斉に就職活動をするようなルールも終身雇用制度も存在しない。大きく異なると感じるのは就活生が身にまとう「リクルートファッション」だ。
ADKは「スタメン採用」、サイバーエージェントは「全員インターンシップ」を導入する。
「ホームレスは成功を望んでいます」。男性が掲げる紙にはそんな言葉が書かれていた