snstonokyori

木村花さんの訃報を受け、SNSの誹謗中傷の対策に向けた動きが進んでいる。違法な書き込みへの規制を強化したドイツは良い手本なのか?慶應大の鈴木秀美教授に尋ねた。
「ロイター・インスティテュート・デジタルニュースリポート」の中で、国別の情報プラットフォームに対する「不信度」が示された。
これからますます進んでいくだろうSNS社会。SNSとの距離感を今のうちに習得しておくのは、今後の自分に物凄く影響してくるのではないだろうか。
社会運動に取り組む活動家や作家たちが、ネットの誹謗中傷の防止や被害者の救済に取り組むネットワークを結成した。
山口元一弁護士は「リツイートという行為に伴う責任について、社会に対しての警鐘の意味もある」と指摘。一方、はすみさんは一連のイラストについて、「風刺画はフィクション」と主張しています。
はすみさんの投稿をRTした人物2人にも「行為主体としての責任がある」として損害賠償を求めています。一方、はすみさんはTwitterやYouTubeで「風刺画はフィクションで、伊藤さんとは無関係」と主張しています。
国語辞典編纂者の飯間浩明さんは、「誹謗中傷はダサい」という空気を作ることで、SNS上のコミュニケーションを変えられる可能性があると話す。
一部のセンセーショナルな報道は「不安を抱える人を、自殺に向けて背中を押すことになりかねない」と専門家は指摘する。
この管理機能は6月2日からモバイルアプリで一部のユーザーに公開され、数週間かけて順次公開範囲が広げられるという。
プロレスラー木村花さんの突然の訃報。木村さんは出演番組の内容などを巡り、SNS上で誹謗中傷を受けていた。人を追い詰める匿名の書き込み。法的責任が認められるのはどんなケースか?法律の専門家たちに聞いた。
カズレーザーさんが考える、SNSの構造の“問題点”とは。『テラハ』制作側の編集での「配慮」にも言及した。
木村花さんの葬儀には、多くの仕事仲間や友人・知人らが葬儀に参列したという。
現在ネット上で、出演者や関係者などへの中傷も相次いでいることについては「批判は我々が受けるべきものと考えている」としている。
雑誌『WiLL』7月特大号への寄稿で、安倍首相を「普通のおじさんみたいで可愛い」と表現したが、それに対し、「安倍首相を支持しているのか」などとインスタグラムにコメントが寄せられたという。
「SNSって、答えが出せないと思う。SNSを見ないことが最高の防御にもなると思う」とSNSとの向き合い方についても語った。