sochi-sunobodo

ソチ五輪スノーボード男子ハーフパイプ銀メダルを獲得した平野歩夢、銅メダルの平岡卓、女子同5位の岡田良菜が1日、都内でファンとの交流イベントに参加した。
ソチ冬季五輪は22日、スノーボード女子パラレル回転を行い、竹内智香は決勝トーナメント1回戦で敗退した。
ソチオリンピックで2月19日、スノーボードの女子パラレル大回転の決勝が行われ、竹内智香(たけうち・ともか)が銀メダルを獲得した。スノーボード女子で、日本代表がメダルを獲得するのは初めて。スキーも含めてもアルペン競技では、男子で1956年に猪谷千春が銀メダルを獲得して以来となった。
ソチオリンピックは2月19日、スノーボートの女子パラレル大回転の予選が行われ、竹内智香(ともか)選手が決勝に進出した。
「シンプルにスノーボードにどっぷり漬かって、そのまんま消えて行きたい――」。かつて、「腰パン」騒動で批判され、今、メダリストを支えるスノーボーダー・國母和宏さんの言葉。
2月12日未明、ソチオリンピック・男子スノーボードハーフパイプ決勝が行われ、平野歩夢が2位、平岡卓が3位に入り、今大会、初の日本勢のメダル獲得となった。
2月8日に開催されたソチオリンピックの男子スノーボード・スロープスタイル決勝にて、スタート地点で編み物をしている男性の姿が目撃された。この男性の姿は、NBCやBBCなどによって全世界に向けて放送され、Twitterでは「これぞ、エクストリーム編み物だ」などと注目を浴びた。
ソチオリンピック2日目の2月8日、スノーボード男子スロープスタイル決勝が行われ、角野友基選手(日産X-TRAIL)が75.75点で8位に入賞した。優勝はアメリカのセージ・コッツェンバーグ選手で今大会の金メダル第1号となった。
過去スノーボードで2回金メダルを獲得しているショーン・ホワイト選手は、今回のスロープスタイル競技には出場しないことになった。リスクのある危険なコースで、怪我をするリスクを負う必要はないからだ。