sora-inparusu

太陽光エネルギーだけで推進する特別な飛行機、ソーラーインパルスは、7月26日日本時間午前9時に40,000キロという世界一周飛行を達成した。
ソーラーインパルスの挑戦は科学技術の発明のためではなく、再生可能エネルギーに基づいた環境負荷が小さい持続可能な開発の転換という発想を伝播するために生み出されたのだ。
太陽エネルギーによる飛行で世界一周に挑んでいる1人乗りプロペラ機「ソーラー・インパルス2」が6月29日午前3時すぎに、愛知県の名古屋空港(豊山町)から離陸した。
太陽光エネルギーのみで世界一周飛行に挑んでいる1人乗り飛行機「ソーラー・インパルス2」が6月1日深夜、愛知県豊山町の県営名古屋空港に緊急着陸した。
本日2015年3月9日、スイス人冒険家ベルトラン・ピカールさんとアンドレ・ボルシュベルクさんが、太陽エネルギーだけで飛ぶ飛行機、ソーラー・インパルスで世界一周飛行に出発するのだ。