sorapaneru

再生可能エネルギーの普及に世界で最も注力しているのはドイツ。そこでの再エネ事情を実際に体感することも含め、今月、ドイツに行ってみた。
エッフェル塔に2機の風力発電機が設置された。この2機の発電量で1階の商業施設で使用される電力を相殺できると推定されている。ランドマークをエコ化する取組みは世界中で行われており、そのうちのいくつかご紹介する。
カリフォルニア州は、低所得の家庭にソーラーパネルを無料で提供する取り組みを進めている。費用を負担するのは温室効果ガスを発生させている企業だ。
「ソーラーシェアリング」の可能性と課題について考えてみましょう。
このアイデアはあまりにもクレイジーなので、もしかしたらうまく行くかもしれない。道路をソーラーパネルで埋め、発熱器とLEDライトを付ける。
ドイツの太陽光パネルメーカー、コナジー は5日、破産申請をした。世界の太陽光発電業界が過剰生産能力を抱えるなか、かつては欧州で業界最大手だった同社は何カ月にもわたり新たな投資資金の調達に奔走したが、成果が出なかった…