sosenkyo

総選挙が行われる12月14日まで、あと2日となった。今回の選挙では、衆議院選挙と同時に「最高裁判所裁判官国民審査」が行われる。日本最高の司法機関である最高裁判所の裁判官にふさわしい人物か、有権者ひとりひとりが審査する。何を考え、どのように投票すればいいのか。政治メディア「ポリタス」に掲載された記事をご紹介する。
さまざまな意思表示があり、そしてそこから議論や意見の深化が生まれ、熟議の民主主義が育っていく可能性が、インターネット選挙の面白さじゃないかと思うのです。
僕が実際に会って「接戦で落ちるかもだけど、落ちるにはあまりに惜しい」という人材をリスト化してみました。
今回の選挙は、投票率、白票率、自民党の獲得議席数、自民党の得票率という観点で、今後の日本における政治の意味合いを問う、一つの試金石になるであろう。
Twitterフォロワー上位議員たちから、Twitterの有効な使い方と戦術を学んで(盗んで)いきましょう!
選挙の争点は、権力拡張のために権力を使うという安倍晋三首相のやり方を国民が支持するかどうかに尽きる。
神奈川7区の鈴木けいすけ候補の応援に午後一杯入って、滋賀に行くために新横浜から夜8時前の新幹線に飛び乗りました。
少子化や女性の活躍について、各党はどんな政策を掲げているのか。主要政党のマニフェスト(選挙公約)から、子育てや教育、女性の活躍などに関連する政策を以下にまとめた。
アベノミクスが発動し2年がたち、その政策の光だけでなく影の部分もクローズアップされるようになってきた。
12月14日に投開票される衆議院選。各党のマニフェスト(選挙公約)へのリンクをまとめた。各党のPDFを一括してZIP形式でもまとめている。なお、社民党は2日20時現在、PDFが公開されておらず、ZIPには含まれていない。公開され次第、追加する。
無所属で立つ候補、他党に鞍替えした候補。衆院選公示の日に発祥の地・栃木県を巡り、「みんなの党」のその後を見た。
第47回衆議院選挙の投開票が、12月14日に行われる。しかし、2012年12月に行われた前回の衆議院選挙では、投票率が59.32%と戦後最低を記録。中でも20代の投票率は全世代で最低の37.89%だった。リンクが切れてしまった若者と政治をつなげるために活動しているNPO法人「YouthCreate」代表、原田謙介さん(28)に聞いてみた。投票に行くのは一体、なぜ?
PRESENTED BY 総務省
私の地元東京12区(北区全体と足立区の一部)は、何を隠そう前回の2012年衆院選で、棄権票(白票)が日本一多い地域でした。その大きな要因は、ずばり候補者です。
ネット選挙解禁後初めてとなる衆議院選挙を前に、衆議院選挙におけるネット選挙の重要性を考えてみたいと思います。
安倍首相が年内の衆院解散・総選挙に踏み切りましたが、これは首相の政治家としての資質、というか性格をよく表わしています。それをひと言でいうなら、「嫌われたくない」です。
社民党は、同性愛者であることを公表した石川大我・東京都豊島区議を、次期衆院選で比例区東京ブロックの単独1位に擁立する方針を決めた。
来たるべき衆議院議員選挙に向けて、多くの地方議員がポスター貼りにご近所周りに、票の獲得に向けて大忙しです。
ソーシャルメディア以前は、新聞やテレビは一部の人しか、多くの人に情報を発信することは出来ませんでした。大学生でも、高校生でも、自分の考えを世に問うことが出来るのです。せっかく手に入れた情報発信手段であるソーシャルメディアを自ら信頼できない「場」にしている。情報という日々接する飲み水に毒を入れる行為に等しいのです。
野党の役割は、政権が暴走した時にブレーキをかけ、対案を提示し、常に政権交代に備えることです。今、この国に必要なのは野党の力です。