souru

遺書には謝罪の言葉もあったという。
韓国ソウル市の産婦人科で、病院のミスによって妊娠6週だった女性が同意なしに中絶手術をされたという。
カフェ好きは要チェック。
そんな韓国でまず感激したのは、ロリータ・パンチとの出会いだ。
若者の参画政策の本質的な部分をカバーしている政策を打っているのがソウルの若者参加政策です。
高スペックを積んでいくためにはお金がかかる、そのためにアルバイトをたくさんすると、時間が多く奪われます。
日本にいてはあまり実感がない若者の住宅問題だが、実は...
最近の韓国の若者の状況は、2015年ごろに流行語にもなった「ヘル朝鮮」という言葉が体現しているという。
約4年ぶりにソウル市南部の私邸に戻った。