stap

新しい万能細胞「STAP細胞」の論文に掲載された画像と酷似していると指摘された別の論文の画像について、研究の中心となった理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーが、2012年の内部の勉強会で使っていた可能性のあることがわかった。
「学者はコンテンツになるべきか」。京大の若手研究者たちが討論した。
イギリスの科学誌「ネイチャー」は2月17日、理化学研究所(理研)の小保方晴子(おぼかた・はるこ)さんらが開発した画期的な万能細胞「STAP細胞」の論文について、再調査を開始したと発表した。