stapronbun

STAP細胞論文を巡る問題で、理化学研究所(理研)の調査委員会は12月25日、小保方晴子元研究員らが発表した論文の主な結論は否定され、その証拠となった緑に光るマウスなどは、別の万能細胞が混入したか、混入で説明できることが科学的な証拠で明らかになったとする報告書をまとめた。
これは当該大学のみならず、全国の学位取得者や、これから学位を取得しようとする方々が提起すべき大きな問題だと思います。さらに言えば、日本の「博士号」という資格が世界でどのようにみなされるかという質保証の問題です。
STAP細胞の論文不正問題で、イギリスの科学誌ネイチャーが関連論文2本を撤回する見通しであることが6月30日、分かった。理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子さんをはじめとする著者たちは撤回に同意していた。
STAP細胞の論文をめぐる問題で、理研が設置した改革委員会の委員らは、「世界3大不正」のなかでも一番の不正だとしてこの問題を批判した。今後は教科書的に扱われることになり、今後発表されるの日本の研究者の論文にも影響が及ぶことが想定されると指摘した。
理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーが、STAP細胞の主論文の撤回に同意したことについて、代理人の三木秀夫弁護士が4日午後、大阪市内で会見した。
理化学研究所(理研)が現職の研究者2800人余りに、過去の論文に不正がないか自主点検を求めていたことがわかった。STAP細胞論文の不正を調査している調査委員の論文にも画像の切り貼りが指摘され、野依良治理事長が文書で指示した。
STAP細胞論文の不正を調査している理化学研究所調査委員会の田賀哲也・東京医科歯科大教授の論文に画像の切り張りが指摘された問題について、同大学が不正はないと発表したことを受けて、理研の小保方晴子ユニットリーダーの代理人・三木秀夫弁護士は5月3日、「私どもの主張と同じ」とのコメントを発表した。
STAP細胞論文の不正をめぐる問題で、小保方晴子さんによる単独の不正、と結論づけた理化学研究所の調査委員会のメンバーにも、論文不正の疑いがあることがわかった。
STAP論文のおかげで皮肉的な事実が垣間見えた。それは、論文の科学的妥当性を判断するのが目的のはずの査読が、Natureが求めるような「多角的に研究された論文」(=多くの機械をつかって色々なデータを揃えている論文)の検証にたいして役に立っていないことだ。
4月9日、衆院の文部科学委員会に参考人として招致された理化学研究所(理研)の野依良治理事長は、STAP論文問題について「若手研究者のリスクに対する認識が甘かった」などとコメントし、再発防止に取り組む姿勢を示した。