stapsaibo-ronbun-deta

STAP論文不正問題では、オープンにされていた実験データを、他の研究者が検証できたことが、追及の突破口を開いた。税金を使って得たデータは原則オープンデータとするべきだ。
STAP細胞論文発表直後に面白いと思ったことが2つありました。そのうちの1つは「ES細胞では寄与できない胎盤に寄与する」という点です。
理化学研究所(理研)の小保方晴子・ユニットリーダーが手がけたSTAP細胞論文で、すでに不正認定された画像以外にも、2つの画像が論文の説明と異なっているという調査を理研がまとめていたことが判明した。
STAP細胞の論文を巡る問題で、理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーの代理人を務める三木秀夫弁護士は、研究不正を指摘した理研の調査委員会に対する、不服申し立ての理由補充書を公表した。
STAP細胞の論文をめぐる不正疑惑で4月21日、小保方晴子さんは弁護士を通じて、不服申立の追加資料を理研に提出した。その中で小保方さんは、「真正な画像が存在する以上、捏造する意味がない」などとして、改めて研究不正ではなく、悪意のないミスによるものと訴えている。
STAP細胞をめぐる論文不正疑惑。混迷を極めたこの問題を「そもそも」から振り返ってみよう。
STAP細胞の論文不正疑惑をめぐる問題で、理化学研究所の小保方晴子さんは4月17日、本来、論文に掲載すべきだった画像など追加の資料を用意していることが明らかになった。
STAP細胞をめぐる論文不正疑惑。混迷を極めたこの問題を「そもそも」から振り返ってみよう。
STAP細胞の論文を巡り、理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーは4月14日、弁護士事務所を通じて4月9日に開いた記者会見の補足資料を配布した。全文を紹介する。
先日、駅の売店でたまたま見かけたスポーツ新聞に「小保方氏、懲戒解雇か?」という文字が踊っていた。スポーツ新聞は何かと見出しを大げさに書く傾向がある。私は社会保険労務士なので、本当に小保方氏は懲戒解雇になる可能性があるのか職業柄気になってしまい、労働法に沿って分析してみることにした。
昨日の会見で見てとれたのは、小保方晴子という人の「本気」だった。表情だけで自分の思いを伝えることができる、まるで「役者」のような希有な人材だ、と私は感じた。
私はあなたが不服を申し立てる根拠を理解してはいません。でも批判承知で会見に臨まれ、涙も笑いも見せられる覚悟っぷりは尋常ではない。
STAP細胞の論文に「研究不正」を指摘された小保方晴子さんが4月9日、記者会見で反論した。ハフィントンポストのブロガーも、この問題を活発に論じている。理系研究者やメディア関係者の意見を中心に紹介する。
かっぽう着姿での実験やピンクの部屋を撮影させたのは、理研の広報だから、彼女の責任ではない。だが、そこにテレビや新聞が「面白い!」と飛びついたことは事実だ。
STAP細胞をめぐる論文不正疑惑。混迷を極めたこの問題を「そもそも」から振り返ってみよう。
折角だから小保方氏記者会見をニュースで視聴した感想を備忘録として残しておく。飽く迄、テレビで小保方氏記者会見のダイジェストを見ての個人的な印象に過ぎない事はいうまでもない。
STAP細胞に関する小保方論文を巡る一連の事案を、筆者も強い関心を持って眺めている一人だ。会見のやりとりを確認して一つ自分なりに確信したことは、小保方氏は科学者ではなく、職人だったということだ。
STAP細胞の論文を巡り、理化学研究所から「研究不正があった」と指摘された筆頭著者の小保方晴子ユニットリーダーが大阪市内で記者会見を開き、「基本的な執筆法や提示法について不勉強、不注意。大変情けなく、申し訳なく思っております」と陳謝した。
「STAP細胞はあるんですか?」「STAP細胞はあります」――2時間におよんだ理研の小保方晴子さんの質疑応答をまとめた。
STAP細胞の論文で「ねつ造や改ざんがあった」として理化学研究所(理研)が、研究ユニットリーダーの小保方晴子さんの不正を認定した件について4月9日13時から、小保方さんが大阪市内で記者会見を開く。