stapsaibo-ronbun-deta

昨日の会見で見てとれたのは、小保方晴子という人の「本気」だった。表情だけで自分の思いを伝えることができる、まるで「役者」のような希有な人材だ、と私は感じた。
私はあなたが不服を申し立てる根拠を理解してはいません。でも批判承知で会見に臨まれ、涙も笑いも見せられる覚悟っぷりは尋常ではない。
STAP細胞の論文に「研究不正」を指摘された小保方晴子さんが4月9日、記者会見で反論した。ハフィントンポストのブロガーも、この問題を活発に論じている。理系研究者やメディア関係者の意見を中心に紹介する。
かっぽう着姿での実験やピンクの部屋を撮影させたのは、理研の広報だから、彼女の責任ではない。だが、そこにテレビや新聞が「面白い!」と飛びついたことは事実だ。
STAP細胞をめぐる論文不正疑惑。混迷を極めたこの問題を「そもそも」から振り返ってみよう。
折角だから小保方氏記者会見をニュースで視聴した感想を備忘録として残しておく。飽く迄、テレビで小保方氏記者会見のダイジェストを見ての個人的な印象に過ぎない事はいうまでもない。
STAP細胞に関する小保方論文を巡る一連の事案を、筆者も強い関心を持って眺めている一人だ。会見のやりとりを確認して一つ自分なりに確信したことは、小保方氏は科学者ではなく、職人だったということだ。
STAP細胞の論文を巡り、理化学研究所から「研究不正があった」と指摘された筆頭著者の小保方晴子ユニットリーダーが大阪市内で記者会見を開き、「基本的な執筆法や提示法について不勉強、不注意。大変情けなく、申し訳なく思っております」と陳謝した。
「STAP細胞はあるんですか?」「STAP細胞はあります」――2時間におよんだ理研の小保方晴子さんの質疑応答をまとめた。
STAP細胞の論文で「ねつ造や改ざんがあった」として理化学研究所(理研)が、研究ユニットリーダーの小保方晴子さんの不正を認定した件について4月9日13時から、小保方さんが大阪市内で記者会見を開く。
STAP細胞をめぐる論文不正疑惑。混迷を極めたこの問題を「そもそも」から振り返ってみよう。
小保方晴子氏のSTAP細胞関連騒動について、をハフポストに発表してから4日が経過した。論点を明瞭にするために敢えて飛ばし気味に書いた積りだったが、その後直ぐに早大で次々に「論文コピペ疑惑」が浮上 小保方氏は先輩の手法を見習った?、の様な記事がネットを席巻し、私が主張した様に今回のSTAP細胞関連騒動が小保方晴子氏の個人的な問題で無い事が国民の認識になりつつある。
世間をあっと言わせ、たちまち時の人に。蓋を開けてみるとなんだかはっきりしないものだった。科学と社会が抱える様々な問題が浮き彫りになったSTAP細胞フィーバーですが、今後の展開に目が離せません。
保方晴子氏は弱酸などの外部刺激で体細胞を初期化することにより、胎盤組織を含む全ての生体組織分化できる多能性を持った細胞(STAP細胞)の作製方法を世界で初めて世界的に権威のある学術雑誌『Nature』誌2014年1月30日号に発表した。
理化学研究所らで構成されるチームが発表した万能細胞「STAP細胞」の論文に、画像の転用など疑問点が次々と指摘されている問題で、理研は「論文の取下げを視野に入れて検討しています」とのコメントを発表した。
新しい万能細胞「STAP(スタップ)細胞」を発見したとして、理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーらが発表した論文に対し、外部から「データに不自然な点がある」との指摘が寄せられ、理研は17日までに調査を始めた。理研は「論文成果そのものはゆるがない」としている。