stapsaibo-ronbun

STAP細胞に関する小保方論文を巡る一連の事案を、筆者も強い関心を持って眺めている一人だ。会見のやりとりを確認して一つ自分なりに確信したことは、小保方氏は科学者ではなく、職人だったということだ。
STAP細胞の論文を巡り、理化学研究所から「研究不正があった」と指摘された筆頭著者の小保方晴子ユニットリーダーが大阪市内で記者会見を開き、「基本的な執筆法や提示法について不勉強、不注意。大変情けなく、申し訳なく思っております」と陳謝した。
「STAP細胞はあるんですか?」「STAP細胞はあります」――2時間におよんだ理研の小保方晴子さんの質疑応答をまとめた。
STAP細胞の論文で「ねつ造や改ざんがあった」として理化学研究所(理研)が、研究ユニットリーダーの小保方晴子さんの不正を認定した件について4月9日13時から、小保方さんが大阪市内で記者会見を開く。
STAP細胞をめぐる論文不正疑惑。混迷を極めたこの問題を「そもそも」から振り返ってみよう。
香港中文大学の李嘉豪教授が、STAP細胞生成の再現に成功したと報道された件について、李教授自らがTwitterで否定した。
実験ノートには、日付、研究内容、署名を記載し、ページに余白が残る場合は、後から追加で書き込むのを防ぐよう、斜線を引いて埋めるなどするが、小保方さんが残したノートには、そうした要件が満たされていなかった。
4月1日、STAP細胞論文問題について最終報告を行った理研に対して、「小保方さんを切り捨て、問題解決を図っているのでは」という疑問を投げかける声がTwitterを中心に集まっている。主な意見をまとめた。
小保方晴子さんらが発表したSTAP細胞論文について、ねつ造や改ざんは小保方さん単独の行為だったと理研が発表した。
小保方晴子さんらが1月に発表した「STAP細胞」の新しい作成手順を、チャールズ・バカンティ教授が所属する研究室が公開した。