suiso

再生可能エネルギー由来の水素が期待できる理由
水素で動作する燃料電池は、魅力的な代替電源である。
軽量化のため、LOXタンクから酸素を供給してくる点火トーチができないかと試行錯誤していました。
2015年は「水素社会元年」と言われています。水素がどこから来るか、みなさんは考えたことがありますか。
水素は、消費の際に水しか排出しない、クリーンな燃料だ。水素を燃料とした、有害な排気ガスを出さない自動車も開発されている。
2015年、トヨタやホンダは燃料電池自動車(FCV)を市場販売することが予定されている。全世界の四輪車の保有台数は2011年末時点で10億7,108万台に達しており、これは人口1,000人当たり154台、6.5人に1台普及していることになる。