suisosuteshon

FCVに未来があるかは不透明だ。むしろ世界には普及せず、日本の一部だけでしか使われないガラパゴス・カー、"ガラカー"になる恐れもあるとみておくべきだ。
8月28日と29日の2日間、燃料電池車の試乗をすることになりました。水素社会を創ろうという自民党内の議員連盟のメンバーを対象に、ホンダの燃料電池車クラリティを貸し出してくれることになりました。28日に福田峰之事務所から引き継ぎ、経産省にある移動式水素ステーションで水素を充填します。データをとるのが目的ですので、移動距離や水素の量などのデータを記入して、水素を3kg充填します。充填に必要なのはガソリンを入れるぐらいの時間ですが、ホースの中の圧力を下げるためにホースの中のガスを抜かなければ外せません。
水素で走る「燃料電池車(FCV)」の普及を目指し、政府は購入者に対し、1台あたり200〜300万の補助金を支給する方針を固めた。