sukika

「全国で起こる同様の事件の再発防止につなげ、抑止力とするため」と理由を説明しました
バイキング時代以前のものの可能性もある、ということです。
現在の「ブラック企業」をめぐる状況について、著者の今野晴貴氏と、荻上チキが語り合う。
牛丼チェーン「すき家」を営むゼンショーホールディングスは23日、一時的に休止していた「すき家」の深夜営業を6月末までに全面的に再開させる方針を明らかにした。
2013年、ネット上の経済ニュースはブラック企業の話題でうめつくされた。ブラック企業というワードは流行語大賞にもノミネートされ、ブームだったと言っても過言ではないだろう。しかし最近ではブラック企業ネタのニュースを見かける事は随分減った。
ワタミが中間決算で、上場以来初の営業赤字に陥っています。国内の外食事業の営業赤字が前期の2.4億円から23.5億円に拡大したことが響いたものでしょう。
難しい経営の舵取りをして、深夜料金も設定せず、ワンオペを解消しようとしているのだから、すき家の努力は評価すべきものなのではないだろうか。
牛丼チェーン「すき家」を運営するゼンショーホールディングスは、全店舗の約6割で、10月1日から午前0~5時の深夜営業を当面休止すると発表した。
牛丼チェーン「すき家」を営むゼンショーホールディングスは6日、過酷だと指摘されている深夜の1人営業「ワンオペ」を9月末でやめ、2人以上にすることを決めた。人件費が増え、牛肉の仕入れ値も上がっていることから、牛丼並盛りの税込み価格を8月27日から21円値上げし、291円にする。
牛丼チェーン「すき家」の過重労働問題をめぐる第三者委員会は7月31日、運営会社ゼンショーホールディングスに対して、深夜時間帯に1人で勤務する体制を早急に廃止すべきだなどとする報告書をまとめた