sukottorando

スタージョン氏はBBCに「スコットランドは62%がEU残留に投票した。明確かつ断固とした答えだ」などと語ったという。
旅好きを自負するのなら、定番の街はあえてパスして、ユニークな魅力が光る北欧や、直行便がないコアな街に思い切って出かけてみませんか。
幻の怪獣「ネッシー」の撮影に成功か……と思いきや、正体は意外なものだった。
しかもまだまだ大きくなります。
日本の両親が送って来てくれた「幼児教育セット」。12月のDVDには英語で歌われたオリジナルのクリスマス・ソングが入っており、娘と一緒に聴いていると…
夫と娘達が初来日した2006年。特に夫にとっての「日本」は驚きの連続だったらしく、毎日新たな発見を私に報告してくれました。
今回はスコットランドでの結婚式にまつわる「落とし穴」について書かせて頂きます。時は遡ること13年前―――。
南アを破った日本を相手にイギリスの小さな町グロスターがどんなふうに盛り上がったのか、写真とともにリポートしていく。
スコットランド最大の都市グラスゴーは10年ほど前まで高い殺人率で知られていたが、近年その率は激減している。これに貢献しているのが、スコットランド警察の暴力抑止部隊、VRUだ。
初めてスコットランドを訪れていた母娘は、神出鬼没のネス湖の怪獣の姿をちらっと見たのだろうか。