sukupu

朝日新聞が7月9日付の朝刊1面トップで誤報を出した。記事は、ハンセン病患者を隔離し続けた国に対し、損賠賠償を命じた熊本地裁の一審判決に対し、国が控訴する方針を固めたとする内容だ。「特ダネ」の位置付けで掲載していたが、この日午前、安倍晋三首相が控訴断念を表明し、記事は間違いとなった。この誤報を誘発した業界の論理に暗澹たる気持ちになり、筆を取る決意をした。
私は、今回の『クローズアップ現代』のような、匿名の証言インタビューなどを集めたテレビ報道を長く経験してきた。今後、こうなるだろうという展開がおよそ推測できる。
二年前に「共謀者たち」という本を牧野洋さんと共著で講談社から出しました。出版時期が総選挙と重なり、広告もなく静かな発売になり、自民党の政権復帰という大ニュースもあり、あまり話題にはなりませんでした。その本の中で、発表が決まっていることを数日前にスクープするのは正しいジャーナリズムではないということを訴えました。