sumatofon-ebora

デューク大学医療センターで開かれた医療地理学の会議では、医療従事者がエボラや他の衛生上のリスクとなるような病気を追跡し、目標を定めるのに地理情報システムが活用できるいくつかの方法に注目が集まった。